レターパックプラスでも納品可│中国輸入物販体験

レターパックプラスでも納品可

まずは、昨日の続き、夜中の2時にamazonから「商品削除のお知らせ」メールが届いていました。

ここから
↓↓
平素は Amazon をご利用いただき、ありがとうございます。
以下の該当商品は、当サイトの商品ページから削除されました。
ASIN: ・・・・ SKU: ・・・・ タイトル: ・・・・
新型コロナウィルス感染拡大に伴いお客様が必要とする製品をよりよく見つけられるよう、使い捨てマスク、手指消毒剤、除菌ウェットシート、スプレー、イソプロピルアルコール、その他関連する特定の個人の安全に関わる製品および家庭用品について、新規出品に対する管理を強化しました。これを考慮し、お客様の上記製品を確認のため取り除きました。詳細は下記をご確認ください。
いつもAmazonをご利用いただき、ありがとうございます。
この措置がとられた理由:上記の商品は Amazon.co.jp での販売が禁止されています。出品者様には、出品する商品がすべての適用法令や規制、およびAmazon のポリシーに準拠していることをご確認いただく責任があります。
出品者様で必要なご対応:- 上記のASINのいずれかが、フルフィルメントby Amazon(以下「FBA」)をご利用いただいている場合は、直ちに上記ASINの在庫の返送依頼を行い、出品者様が指定する配送先に返品手続きを完了してください。本通知の受領後30日以内にこの手続きが完了されていない場合は、Amazon サービスビジネスソリューション契約およびフルフィルメント by Amazonサービス条件に基づき、Amazonが処分いたしますのでご留意ください。FBAのポリシーの詳細については、 https://sellercentral-japan.amazon.com/gp/help/201030350 および https://sellercentral-japan.amazon.com/gp/help/200140860 をご確認ください。
– 本通知の受領後48時間以内に、出品者様が出品されている商品を確認し、適用法令や規制、およびAmazon のポリシーに抵触する商品は、出品を終了、削除、または非表示にしていただきますようお願いいたします。こちらは、上記の商品も含みます。
なお、制限対象商品の出品を停止中(在庫切れ)ステータスへ変更しても、その出品が適用法令や規制、およびAmazon のポリシーに適合していることにはなりません。Amazonにより誤って制限対象商品と判定されたとお考えの場合は、その商品の出品を終了した状態で、テクニカルサポートへご連絡ください。
上記をご対応いただけない場合:すべての制限対象商品について適切に出品を終了または削除されなかった場合には、出品用アカウントが閉鎖され、売上が恒久的に留保される場合があります。
(中略)
今後とも、Amazon.co.jp をよろしくお願いいたします。
Amazon Services
このEメールは配信専用です。ご返信いただかないようお願いいたします。
↑↑
ここまで

「出品用アカウントが閉鎖され、売上が恒久的に留保される」

恐ろしい話です。

でも、出品と商品は削除したので、大丈夫でしょう。

さあ今日は、あまり作業ができませんでした(泣。

なので私が昨日、初めて知ったことを書きます。

「FBAへの商品納品にレターパックプラスも使える」

恥かしながら知りませんでした。

24日に出品した「ネックレス」だけ、別に送れとamazonが言うのです。

「え~60サイズの箱使うの~イヤ」ということで、調べた結果でした。

今日、520円のレターパックプラスで発送しました。

よかったです。

それと今日の夕方、8商品5万円超の売り上げがありました~!

またまたよかった。

でも、うちに帰って管理画面みたら、すべてキャンセルに。。。

ブルーです。

本日の売上 2商品 6,700円

投稿日 2021年2月25日

レターパックプラスでも納品可

ブログのトップ画面に戻る>中国輸入物販体験記

商品カタログページの作成と申請│中国輸入物販体験

商品カタログページの作成と申請

今日は、最初に、昨日分別した「正品」と「難あり商品」を段ボール箱に入れてamazon倉庫への発送準備をしました。

次に、仕入れておいた商品のうち、まだ出品していない商品のカタログページ作成作業です。

新しく出品する商品は3つ。

「ネックレス」と「プランター」と「使い捨て便座カバー」です。

写真撮影をして、商品名・説明文・仕様を考えたり測ったりしながら、半日かけてようやく出品データ完成。

すべてをamazon(セラーセントラル)のページに入力して、出品申請を終えました。

ところが

「ネックレス」と「プランター」は商品在庫ページに表示されたんですけど

「使い捨て便座カバー」が「停止中」のまま、表示されない。

調べてみたら「制限対象商品の規約違反」の表示が!!

amazonの指示通り、すぐさま、出品と商品を削除しました。

以前にも「フェイスシールド」を出品したときに、同じような警告があったのですが

うかつでした。

amazonアカウントに影響が出なければいいな。

今日は、とてもブルーです。。。

本日の売上 8商品 19,000円

投稿日 2021年2月24日

商品カタログページの作成と申請

ブログのトップ画面に戻る>中国輸入物販体験記

再度検品して納品と出品│中国輸入物販体験

再度検品して納品と出品

今日は、仕入れていた商品のうち、自分で検品したときに「これは出品できない」という製品。

いわゆる「難あり商品」。汚れや傷が付いている商品ですね。

これを再度検品して、「まあ大丈夫かな」というものは「正品」として。

「これは『難あり』で出せるかな」というものは「難あり商品」として。

「これはダメでしょう」というもの「ゴミ」として。

分別しました。

中国側にも検品をお願いしてるんですけど、ひとつひとつの部品までは検品してくれませんし

多少の汚れや傷は、不良と判断しないのが中国の特徴ですね。

でもいまのところ不良品率は、1割以下なので助かっています。

今日は、少し整理できてうれしいかな。

本日の売上 6商品 11,600円

投稿日 2021年2月23日

再度検品して納品と出品

ブログのトップ画面に戻る>中国輸入物販体験記

中国の旧正月が明けました│中国輸入物販体験

中国の旧正月が明けました

いよいよ中国の春節(旧正月)が明けました。

ようやく中国のお店が仕事をしてくれます。

この日までに注文する商品を決めていた私は、本日、輸入代行業者へ注文しました。

29商品で1,356個の注文です。

向こう1か月で完売する見通しです。

注文した商品代金は前払いで、13,207元(約224,500円)。

代行手数料や検品手数料は入っていません。

取引が終わった時点(品物が私に届いたとき)に清算してくれます。

注文した商品が届いて、amazonの倉庫(FBA)へ送って、販売開始されてから1か月後には、この金額の倍になって私に入ってくる計算です。

つまり224,500円の利益です。

あくまでも大まかな利益計算ですけど、わくわくする瞬間です。

さあ、期待しましょう。

本日の売上 7商品 12,100円

投稿日 2021年2月22日

 

※このブログの最初の投稿ページです。

中国の旧正月が明けました

ブログのトップ画面に戻る>中国輸入物販体験記